光回線業者選びに迷ったら

通常の固定電話はメタル回線を使用していますから、光回線と共用はできません。
しかし、光回線で電話をかけることは可能です。
ですから、ほとんどの家庭では光回線を施工した際にメタル回線を撤去するケースが多いのです。
加入電話の場合、ダイヤル回線で月額1,450円、プッシュ回線の場合1,600円かかります。
光回線を引いた場合は、オプションで500円の追加料金で通常の電話機がそのまま使えるのですから、メタル回線を残しておく必要はありませんね。
しかし、光回線を利用したIP電話が加入電話の代わりを100%果たしてくれるわけではありません。
なぜなら、停電すると室内機の電源供給が停止してしまうので、IP電話は使用できなくなるからです。
光回線業者ランキング!人気でおすすめのプロバイダは?【料金徹底比較】